fxを全く知らない初心者がまず行うべき行動や作業

fxを全く知らない初心者がまず行うべきなのは、実際に口座を開設してみるということになります。
その際には、比較サイトを参考にしてみましょう。
fx口座はいくつでも開設をすることが可能なので、悪質な業者や詐欺業者さえ避けるようにしておけばどこの業者で口座を開設してもよいです。

スワップポイントなどは最初は気にする必要はないですが、レバレッジについては気にしておいたほうがよいでしょう。
初心者の人はドル円取引やユーロ円取引などのスワップポイントが低い通貨ペアを選ぶことがほとんどでしょう。
さらに、短期トレードを行うのであればスワップポイントはそれほど重要ではありません。

初心者の人がまず行うべき行動や作業としては、とにかく経験を積むということになります。
経験を積むことが重要なので、いきなり大金をかけてそれを失ってしまうということは絶対に避けましょう。
資産が100万円あるのなら、そのうち5万円だけを投資するというように、まずは少額のトレードからはじめましょう。

少額のトレードをするためには、1,000通貨単位の取引に対応している業者を選ぶことも重要です。
昔は1万通貨単位からの取引が一般的でしたが、現在では1,000通貨単位の取引が可能な業者も増えています。

1万通貨単位というのは、ドル円取引で言うなら最低でも1万ドル分は購入しましょうということです。
1ドルが110円としたら110万円が最低でも必要になります。
レバレッジを最大で25倍にできるので実際には4万4千円程度があればトレードを始めることができます。

1万通貨単位でトレードをして勝てばよいですが、負けてしまったら速いスピードで資産を失っていく可能性があります。
初心者の人は1,000通貨単位からの取引が可能な業者を選び、まずは少額のトレードで経験を積むことを意識しましょう。
もちろん、資産が数千万円もあるという人なら、1万通貨単位の業者を選んでも大金をかけないようにしておけばすぐに資産を失うことはないので、問題ありません。

fxを行うにあたって必ず知っておくべき単語

fxを全く知らない初心者がまず行うべき行動や作業は、自分に合ったfx業者を選んで実際に口座を開設してみるということです。
海外の業者では悪質なところも多いようなので、日本の業者を選んでおくことが無難です。

実際に口座を開設したら、すぐにトレードを体験してみてもよいですが、デモツールを利用して練習をすることがおすすめです。
fxを行うにあたって必ず知っておくべき単語がいくつかあります。
デモツールなどで体験をしながら知っておくべき単語を覚えるようにしましょう。

fxでは取引手数料はかかりませんが、そのかわりにスプレッドがかかります。
スプレッドというのは正確に言うと取引手数料ではないのですが、初心者の人はほぼ同じものと考えておいて差し支えないでしょう。
実際にデモツールでトレードを体験しながら、スプレッドが利益から引かれていることを確認しておきましょう。
損失が出た場合でも、スプレッドの分が上乗せして証拠金から引かれてしまいます。

fxでは買い注文と売り注文の2種類を行うことができます。
さらに高度な注文方法もありますが、初心者の人はまずは買い注文と売り注文の2種類をできるようになっておけば問題ありません。
通常は購入を先に行って、その後に売り注文を行いますが、fxでは売りを先行させることも可能です。
これを空売りと言いますが、状況によっては空売りが重要になることもあるので、練習しておきましょう。

スワップポイントという言葉は最初のうちは覚える必要はありませんが、ある程度経験を積んで金利が高い通貨ペアの取引もしてみたいと思ったら、スワップポイントも重要になります。
スワップポイントについても意識をすることで、さらに勝率を上げられるようになっていくでしょう。

あわせて読みたい記事